イベント情報

メコン流域の流域管理・環境保全に係る情報収集・確認調査
一般公開セミナーを開催

2019年8月9日 (金)、メコン流域の流域管理と森林保全 ~パートナーシップを通じた気候変動対策への挑戦~ と題した一般公開セミナーをJICA竹橋会議室で開催し、約90名が参加しました。

このセミナーは、JICA地球環境部にて2017年12月~2019年9月まで実施した「メコン流域の流域管理・環境保全に係る情報収集・確認調査」の一環で開催されました。本調査は、メコン流域5カ国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム)の森林資源状況の変化、流域環境変化について統合的な視点で情報を収集・整理し、将来の気候変動の影響予測などの分析を行い、今後の課題や対応策を整理することを目的として実施しました。調査は、カウンターパート機関であるメコン河委員会本部、各国のメコン河委員(カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム)および対話国(ミャンマー)と協働で進め、本セミナーでも各国の流域管理計画や実施体制、現状や課題等について発表がありました。

基調講演として、水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM)小池俊雄センター長から、メコン流域における気候、水循環、森林、土砂流出のつながりについて分かりやすく説明いただいたことで、その後の本件調査団からの成果発表がより理解しやすいものとなりました。

本調査が対象とする森林資源管理や水資源管理の分野においては、政府予算やODAのみならず、企業CSR、ESG投資、森林認証制度、REDD+など民間セクターの関与が期待されていることから、本セミナーでは、国内や海外で森林資源管理や水資源管理に関連する活動を展開する企業の取り組みも紹介しました。サントリーホールディングスからは、サントリーグループの「水理念」およびその取り組みについて、また公益財団法人イオン環境財団からは、「イオンの森づくり」を通じた持続可能な社会の実現、についてそれぞれ発表いただき、参加者からは積極的な質問が寄せられていました。

※セミナー報告(資料)はこちら↓
https://www.jica.go.jp/information/seminar/2019/20190809_01.html

イベント情報 一覧へ